foodbook

foodbook.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 14日

胡粉ネイル 白光

ずっと長くジェルをしていたのですが、
ふとやめてみたところものすごく傷んでいました。
さらに、「自爪に戻すための」ジェルオフと
つめ磨きを同時にしてしまったため、一時はかなりぺらぺらの紙のような状態に。

あれから数ヶ月。
やっと健康な自爪に戻ってきました。

a0237252_2201435.jpg

ケアしてない状態でこんな感じ。
ただ、これではすっぴんでいるようなものなので結構恥ずかしい。

ベースだけとかトップだけとか、いわゆるマニキュアも何か違うし
(そもそもそれが嫌でジェルにしたから)
磨くとまた薄くなってしまう。

思いのほか自爪ってラクだけど、そのままじゃなあ。
と、思っていたところに見つけたもの。

『無臭で除光液いらずのマニキュア』??

京都のメーカーだそうで、試しに使ってみています。

a0237252_2202187.jpg

一度か二度塗りでこんな感じ。
あっという間に乾くので待ち時間がいらないし、
よれるほど分厚く無い、水のようなテクスチャー。
においもまったくありません。

ただし、輝きはやはりネイルラッカーやジェルには到底及ばない。
自爪を磨いたくらいです。

知らない間にすっかり落ちているし(落ち方は自然で気にならないけれど)、
アルコールティッシュや、塗り立ては水でも落ちてしまうので
ハードな家事にはなじまないかなあ。

爪に関しては模索が続きそうです。

胡粉ネイル(ごふんネイル)
[PR]

by 3_4_5 | 2011-09-14 02:16 | beauty


<< homeparty ワイン・その他編      科学的とはどういう意味か >>