foodbook

foodbook.exblog.jp
ブログトップ

タグ:料理通信 ( 2 ) タグの人気記事


2013年 01月 05日

料理通信2013年2月号

a0237252_155271.jpg
『コーヒーとスイーツ』
わたしはどちらも,飲まない・食べない日はありません.

必ず毎日コーヒーを飲みますし,
スイーツを食べます.

食のカテゴリでは,どちらも嗜好品の王様のようなもの.
人の数だけ好みがあり,人の数だけ好きなポイントも違います.

顔が好みでないといって,見ず知らずの人を罵倒することなど絶対に無いにもかかわらず
「食の好みが違う」ということが議論のタネになりやすいのも,
嗜好品ならではでしょうか.

良いか悪いかでなく,好きか嫌いか.
終わりがないなあ,と思います.

終わりはないと思うけれど,「始まり」というかそれを好きになったきっかけはあります.




子供の頃,母と買い物に出かけたときのこと.
「今○○時○○分,『××』のバタールが焼き上がる時間だから行きましょう.」
と言うのです.
で,行ってみると,強烈な小麦の香りを放ち,ピキピキと音のする,
バターをしたたらせたバタールが
本当にちょうど店の奥から売り場に出てきたわけです.

急かされて車に戻り,母とふたりで食べたバタールの旨かったこと!

(ああ,旨いと思うものには温度や柔らかさや香りが,こんなに重要なものなのか!)

と思ったのがきっかけです.
コンビニの袋パンがパンのイメージだった子供が,
「焼き上がる時間にパンを買う」という行為が,
「大人しかできない知られざる行為」のような気がして
優越感を覚えたことも大きいのかもしれません.

その後,場所や人,食器やパッケージなどありとあらゆるものが
要素になるということを知り,食の奥深さの前にひるみながらも進もうとしているわけです.
(どこへ…?)

…ということで,今回の料理通信は
コーヒーとスイーツの飽くなき探求と
パティシエ達がその道に入るきっかけの多くである「母の味」の両方が
盛り込まれていて,面白いです.
もちろんそれ以外も.

そんな料理通信2月号は,
日曜繰り上がって5日土曜日発売です.

お宝食材さがそーっと.
[PR]

by 3_4_5 | 2013-01-05 23:24 | book
2011年 09月 06日

料理通信2011年10月号

料理通信の好きなところ。
いっぱいあります。
小学生の頃、大きな国語の教科書を音読したときのように
両手で持って表紙を眺める雑誌なんて他に無い。

特に今月号には特別な思いがあり、いつもよりゆっくりと眺めています。

毎度センスの良さに唸るグッズの連載からの、
編集長自らによる『クリエイション魂』は必読。
「ネタ本」といいながら、数年後も色あせない資料として残りそう。

特に、アメリカのレシピは「あり得ない」くらいおおざっぱなのを知っている。
(約2年間、アメリカ料理を勉強していたから。)
にもかかわらず、「翻訳しました」感が無い。
単位の換算や、微妙な表現(「角切り」や「みじん切り」など)は
大変だったのではないかなと思う。

第2特集は、豆。
大好きなクンバ・ドゥ・ファラフェルや、
ありそうで無い、豆レシピが満載。
楽しすぎる、やっぱり!

と、ところで…。

『NEW OPEN』のJASMINEは3月のオープン…。
ちと遅く無いですか??
あえてかしら??

***

ちなみにこちらは、p015にも出ている
自由が丘ベイクショップの浅本さんのご自宅でのホームパーティーでのひとこま。

a0237252_122680.jpg

引っ越し直後にも関わらず、自分の好きなものがたっぷり!

a0237252_1225459.jpg

インテリアやBGMだけでなく、器やキッチン回りのお道具まで
すべてが完璧!!
日本なのに、THE日本家屋なのに、このアメリカっぷりたるや!
表紙にまぎれていてもわからないくらいでしょう?

a0237252_1223731.jpg

本当に、空間を作り出す天才。

料理通信ONLINE
[PR]

by 3_4_5 | 2011-09-06 23:50 | book